トップページへ戻る

 花の命は短くて 苦しきことのみ多かりき


  作者 : 林芙美子


心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る