前のページへ戻る

トップページへ戻る

吉 良 氏 系 図

清和源氏足利流

(佐竹の祖)
(新田の祖)
(武田の祖)
頼義
(河内源氏)
(摂津源氏)
頼信
(源)
満仲
経基
貞純親王
陽成天皇
清和天皇
昌義
義業
義康
┌────┐
義胤…
(奥州吉良の祖)
経氏…
(今川の祖)
国氏…
(足利)
有氏
(吉良の祖)
┌─┼─┬─
(足利)
義氏
(桃井の祖)
義助
(畠山の祖)
義純…
┌─┼─┐
(足利)
(細川の祖)
義季…
(仁木の祖)
実国…
(広沢)
(矢田)
┌─┤
義清
義兼
義重…
義清…
義国
義光
義綱
┌─┤
(足利)
実朝
(木曽)
義仲
義賢
〜源氏嫡流〜
頼家
頼朝
義朝
為義
義親
義家
┌───┬──┤
┌─┤
頼光
(鎌倉幕府将軍)
────┤
義忠
義継
義実
────
─┬─
─┤
────
長氏
満氏
貞義
満義
┌──────
満貞
俊氏
義尚
義真
義尭
義元
義信
朝氏
尊義
持清
義藤
持助
持長
持広
義郷
義安
義昭
泰氏
義安
義冬
義彌
義定
(西条吉良氏)
(東条吉良氏)
義孚
義武
義叙
義央
─┤
義周
綱憲
義勝
(吉良)
(東条)
(上杉家
 に養子)
(上杉家よりの養子。元禄事件
 により、領土没収となり、罪人
 として信州諏訪に配流され、
 高家吉良氏は断絶となる。)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(一)

(二)

(三)

(四)

(五)

(六)

(七)

(八)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

※( )内の漢数字は
  東条吉良氏の当主
  の代数を示す。 

※( )内の数字は
  吉良氏本家(西条)の
  当主の代数を示す。 

(高家吉良氏)
(旗本)
(高家)
(いわゆる
 吉良上野介)
(東条七代当主持広は室町時代
 を通じて犬猿の仲であった西条
 吉良氏から義安を養嗣子として
 迎え、両家の融和を図った。尚、
 西条を継いだ義郷には嗣子が
 いなかったため、後に義安が
 西条も継ぎ、ここに東西吉良氏は
 一本に統一された。しかし、その
 義安も今川義元に織田家に通じて
 いたとの嫌疑を掛けられ、幽閉
 される。その後、義安の弟、義昭
 が当主に擁立されるが、松平元康
 に侵略され降伏、没落し、東西
 吉良氏は一旦滅亡した。)
(高家)
(高家)
兼氏…
宗氏
家氏
宗家
(渋川の祖)
公深…
尊氏
貞氏
(足利)
(足利)
(石塔の祖)
頼茂…
家時
相義
(足利)
頼氏
(一色の祖)
(室町幕府将軍)
直持…
兼頼…
(最上の祖)
(大崎の祖)
┌─┤
家兼
高経…
┌─┤
(鎌倉公方)
義詮…
基氏…
┌─┤
──────
───
───
(斯波の祖)