トップページへ戻る

 徒然なるままに、日暮らし硯(すずり)に
 
 向かいて、心に映りゆく由無し事を
 
 
 そこはかとなく書きつくれば、  
 
 怪しうこそ物狂おしけれ  



  出典 : 徒然草


  作者 : 吉田兼好(兼好法師)

  
  意訳 :
   なんとなく戯れに一日硯に向かって、心に浮かんだ事を
   とりとめもなく書き始めたら、まるで何かに憑かれた
   ように筆が止まらない。


心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る