トップページへ戻る
心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る

 惜しまじな 君と民との ためならば 
 
 身は武蔵野の 露と消ゆとも



  作者 : 皇女和宮