トップページへ戻る

 祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
 
 娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理を
 
 
 あらは(わ)す。おごれる人も久しからず、  
 
 唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂には  
 
 ほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。  



  出典 : 平家物語の冒頭部分


  意訳 :
   祇園精舎の鐘の音には、諸行無常すなわちこの世の
   すべての現象は絶えず変化していくものだという響きが
   ある。沙羅双樹の花の色は、どんなに勢いが盛んな者も
   必ず衰えるものであるという道理をあらわしている。世に
   栄え得意になっている者も、その栄えはずっとは続かず、
   春の夜の夢のようである。勢い盛んではげしい者も、
   結局は滅び去り、まるで風に吹き飛ばされる塵と同じ
   ようである。


心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る