トップページへ戻る
心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る

 落ちぶりたりといえどもこの源左衛門、
 
 鎌倉殿の御家人として、もし幕府に
 
 
 一大事がおこれば、千切れたりとも  
 
 具足を着け、錆びたりとも薙刀を持ち、 
 
 痩せたりともあの馬に乗り、一番に鎌倉に  
 
 馳せ参じ、一命を投げ打つ所存でござる


  出典 : 謡曲「鉢の木」


  解説 :
   あのあまりにも有名な謡曲「鉢の木」に出てくる佐野
   源左衛門常世の言葉である。ここではちょっと長くなるが
   謡曲「鉢の木」のあらすじを紹介することとする。


  謡曲「鉢の木」 :
   ある大雪の日、諸国遍歴の旅の僧が上野国の佐野の
   渡しで行き暮れて、路端の貧しげな民家に一夜の宿を
   求めました。しかし、家の主人は貧しさのため、家は
   みすぼらしく、旅人をもてなそうにも何もしてやることは
   できないため、それではあまりにも申し訳ないと一度は
   その僧の願いを断りましたが、雪の中で難儀しているのを
   見捨てることもできず、結局、泊めることにしました。

   主人は客となった旅の僧に粟飯を炊き、心ばかりの
   もてなしをしますが、夜が更けるとついには暖をとる薪さえ
   なくなってしまい長旅で疲れ果てた旅の僧に満足に暖を
   とってもらうこともできなくなってしまいました。そこで主人は
   やむなく大事に育てていた秘蔵の盆栽「梅」「松」「桜」の
   鉢の木を切って囲炉裏にくべ、火を焚いて旅の僧を
   もてなしました。

   僧は篤い志に感動し、主人を由緒ある人と察し、強いて
   その素性を訊ねたところ、「この上は何を隠しましょう。
   これこそ、佐野源左衛門常世のなれの果てでござる」と
   素性を明かしました。僧が「何故にそのようになられた」と
   重ねて訊ねたところ、常世は「一族の者に所領をことごとく
   押領されて、かくの如き身となりました。しかしながら、
   落ちぶれたりといえどもこの源左衛門、鎌倉殿の御家人
   として、もし幕府に一大事がおこれば、千切れたりとも
   具足を着け、錆びたりとも薙刀を持ち、痩せたりとも
   あの馬に乗り、一番に鎌倉に馳せ参じ、一命を投げ打つ
   所存でござる」とその覚悟のほどを述べました。話しを
   聞いていた僧は、返す言葉もなく、ただただ何度も何度も
   うなずくだけでした。その後、じっと話を聞いていた旅の僧は、
   「ご覧のような者でたいしたことはできないが、もしも訴訟
   などで鎌倉に来られたら、何かのお力になろう。幕府に
   裁判所のあることをお忘れあるな」となぐさめ、翌朝には
   旅立ちました。

   やがて春になり、幕府から、鎌倉に一大事がおこったとて、
   緊急の動員令が下されました。まさに「いざ鎌倉」と関東
   八か国の御家人たちが先を争ってかけつけ、その中には
   当然、かの佐野源左衛門常世の姿もありました。すると
   大勢の武者の中から幕府首脳部の前に召し出された
   常世は、千切れた具足に錆びた薙刀のみすぼらしい姿を
   あざけり笑う武者達の前を悪びれることなく進みます。
   そこで待っていたのは、あの時の旅の僧でした。「わしは
   いつぞやの大雪の日、一夜の宿をそちの家でやっかいに
   なった旅の僧である」実は雪の日の旅の僧こそ、前執権
   (しっけん)で鎌倉幕府の最高実力者北条時頼その人で
   あることを知って常世はおおいに驚きました。時頼は常世の
   言葉に偽りがなかったことを賞し、先日の約束を果たした
   ことを誉め、その志にむくいるため、時頼はただちに
   奪われた佐野庄三十余郷を常世に返し与えただけでなく、
   薪にされた三鉢の盆栽の梅・桜・松にちなんで加賀国
   梅田庄、越中国桜井庄、上野国松井田庄の三つの庄園を
   新たに恩賞として与えました。まことに過分の待遇であったと
   いってよく、常世は大喜びで故郷に錦を飾ることになりました。