前のページへ戻る
トップページへ戻る
書名 四国の滝めぐり
本の写真
著者 武市伸幸
出版元 南の風社
出版年 1996年

〜コメント〜

本書では四国に存在する約100本の滝が紹介されている。

また、この本の特徴は、@滝の周辺の正確な地図が掲載されて

いること、A滝の名前の由来やその滝にまつわる伝説などが

詳しく紹介されていることの2点である。ちなみに私は歴史

オタクなので、こうした伝説などは大変興味深く楽しく読ませて

いただくことができた。そう…滝には伝説がつきものである。

伝説があると滝は不思議と神秘性が増してくる…ものである。