トップページへ戻る

 降る雪や 明治は 遠くなりにけり
  


  作者 : 中村草田男
  

  解説 :
   この句は昭和6年(1931年)大学生だった草田男が
   大雪の日にかつて学んだ母校の青南小学校を訪問
   した際に生まれた。降りしきる雪の中に居ると、時と
   場所の意識が空白となり、現在がそのまま明治時代で
   あるかのような錯覚と、明治時代が永久に消えて
   しまったとの思いが同時に強まったという。


心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る