敵艦見ユトノ警報ニ接シ、聯合艦隊ハ
 
 直チニ出動、之ヲ撃滅セントス。
 
 本日天気晴朗ナレドモ波高シ


  作者 : 秋山真之


  解説 :
   日露戦争の最終局面で帝政ロシアは劣勢を一挙に
   挽回すべく、当時世界最強といわれた、バルチック艦隊を
   日本海へと投入することとしました。明治38年 (1905)
   5月27日午前4時45分、五島列島沖で警戒中の
   信濃丸は、ロシアのバルチック艦隊を発見、聯合艦隊に
   「敵艦隊見ユ」との第一報を打電します。バルチック艦隊
   発見の報告を受けた聯合艦隊の東郷司令長官は
   すぐさま全艦隊に出動を命じると同時に大本営に宛てて
   発信した電文として有名です。

心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る
トップページへ戻る