トップページへ戻る

 東風(こち)吹かば 匂ひおこせよ
 
 梅の花 主なしとて 春な忘れそ



  作者 : 菅原道真
  

  意訳 :
   春になり東風が吹くようになったら、主人がいなく
   なっても春を忘れないで、梅の花を咲かておくれ。

心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る