(武田)
(南部の祖)
(小笠原の祖)
(加賀美)
長清・・・
┌─┤
遠光
(逸見)
信義・・・
┌─┤
清光
義清
昌義・・・
(佐竹)
義業
┌──────┐
義忠
────┤
〜源氏嫡流〜
(木曽)
義仲
義賢
┌─┤
(室町幕府将軍)
(新田)
(足利)
・・・義貞
・・・尊氏
(鎌倉幕府将軍)
義康
義重
義国
頼朝
義朝
為義
義親
(新羅三郎)
義光
義綱
(八幡太郎)
義家
頼義
(河内源氏)
(摂津源氏)
頼信
┌─┤
頼光
(源)
満仲
経基
貞純親王
陽成天皇
清和天皇
(武田)
前のページへ戻る

トップページへ戻る

義光流南部氏系図

清和源氏新羅三郎

実朝
頼家
光行
─────
─────
─────
実光
行朝
(一戸祖)
(三戸・盛岡南部氏)
実長
(八戸・根城・遠野南部氏)
朝清
(七戸祖)
──
行連
(九戸祖)
時実
──
(四戸祖)
宗朝
──
政光
宗経
政行
政長
師行
───
義元
実継
長継
女子
(三戸・政行室)
(室は八戸
 実継の娘)

(1)

女子
師行
女子
政長
信政
信光
政光
長経
光経
長安
守清
清政

政経
政経
治義
信長
義継
勝義
盛政
清継
行政
政栄
政盛

政栄
直栄
直政
政広

直義
直義
宗実

(2)

(3)

(4)

(5)

(波木井祖)
──
祐行

(7)

(6)

宗行
政連
祐政

(8)

(9)

「1」

「2」

「3」

「4」

「5」

「6」

「7」

「8」

「9」

「10」

「11」

「12」

「13」

(新田継嗣)
時長
行長

「14」

「15」

「16」

「17」

「18」

「19」

「20」

(八戸・根城四代継嗣)
(八戸・根城五代継嗣)

(11)

(10)

信長
茂時
義行
守行
政行

(12)

(13)

┌───

(15)

(14)

政盛
義政

(16)

助政

(18)

(17)

時政
光政

(20)

(19)

信時
通継

(22)

(21)

政康
信義
┌───
高信

(23)

安信

(26)

信直
政信
───
千代
清心尼(祢々)
千代子

「21」

「22」

──

(27)

利直

(24)

晴政
───
──

(25)

晴継
女子
女子
女子
女子
女子
(北秀愛室)
(南正盛室)
(東朝政室)
(九戸実親室)
(南部信直室・早世)
重直

(28)

(29)

重信
直房

(三戸・盛岡南部氏)

○南部氏系図の考察

  ・南部氏の歴史や系図は近世大名として生き残った盛岡南部氏によって江戸
   時代になってから作り上げられたいわゆる勝者の歴史であり、そこには
   実際にはあり得ないと思われる明らかな矛盾や同時代の他の文献や記録と
   照合するとつじつまが合わない事柄が数多く存在する。つまり江戸時代
   初期に成立した南部氏の系図や家伝はすべてが事実ではなく、近世初期に
   政治的な理由から古来の伝承を改変した部分がかなりあるものと思われる。


  ・これまでの通説では奥州南部氏の起こりは南部氏初代の光行(甲斐源氏、
   加賀美遠光の三男)が、文治5(1189)年の頼朝の奥州攻めに戦功を
   あげて糠部郡の全域(糠部数郡、糠部五郡との説もあり)を与えられ、
   建久元(1190)年(これも諸説あり)に糠部郡三戸に入部したもの
   だとされてきたが、糠部郡というのは他の諸国であれば一国に匹敵する
   広大な郡であり、鎌倉御家人の中でも相当な有力者でなければ糠部郡の
   地頭職に任命されるはずがなく、事実、鎌倉時代の確実な古文書や記録
   から明らかになるのは、糠部郡全域が北条氏の所領であったこと、内部の
   地頭代職も五戸が三浦氏、その他も佐々木氏、工藤氏、横溝氏などが
   地頭代となっていて、鎌倉時代に南部氏が糠部郡に領地を持ち、統治を
   していたという史料的裏付けはない。
つまり初代光行が頼朝から糠部郡を
   賜り、奥州に下向したという家伝は後世の付会であろうとされ、鎌倉時代
   には糠部地方に南部氏の所領ははなかったという説が有力である。但し、
   
まったく所領がなかったのかという謎も残る。いずれにしても南部氏の
   糠部への本格的な進出時期は南北朝初期まで下がると考えられている。



  ・これまでの通説では南部氏初代光行には六人の子供がいて、長男行朝が一戸氏の
   祖に、次男実光が正室の子で嫡家(三戸)を継ぎ、三男実長(六男という説も
   あり)が波木井氏(のちの八戸氏)の祖に、
四男朝清が七戸氏の祖に、五男
   宗朝が四戸氏の祖に、六男行連が九戸氏の祖となるなど、光行の子供たちは
   波木井実長を除いて全員が父とともに奥州に下向し、糠部郡内に分かれて南部
   一族の祖になったとされている。しかしながら、甲斐国に残った南部一族は
   波木井氏だけではなく、甲斐南部氏ともいえる一族が南北朝時代に足利方で
   活躍し、室町時代まで生き残っていた。その他にも、但馬の南部氏、越中の
   南部氏、摂津の南部氏、若狭の南部氏などが存在したことが、同時代の古文書や
   記録から確認されるが、こうした事実は奥州南部氏の系図や家伝からはまったく
   見えてこない。これは全国各地に広がった南部一族が、奥州南部氏を除いて戦国
   時代末までに滅び去り、近世大名として生き残ったのが、三戸盛岡南部氏のみと
   なったことによるものと考えられる。つまり現在の南部氏系図とは南部一族
   (光行の子孫)をすべて記したものではなく、奥州に下向した一族のみの系図
   であり、それをあたかも南部氏全体であるかのように主張したものであると
   いえる。


  ・奥州南部氏には大別すると八戸南部氏と三戸南部氏の2つの系統がある。
   通説では南部光行の次男実光が南部嫡流家を継いで三戸南部家の祖となり、
   三男(あるいは六男)の実長が甲斐波木井を領して波木井家の祖となり、
   孫の長継の時に南部嫡流家の三戸南部家の政行の次男師行が婿養子となって
   四代目を継ぎ、師行が八戸南部家の直接の祖となったとされている。つまり
   奥州南部氏は三戸南部氏が嫡流で八戸南部氏が庶流であるというのが通説
   であるが、近年の研究では八戸南部氏こそが奥州南部氏の嫡流家=惣領家
   だったのではないかと考えられるようになっている。


  ・これまでの通説では八戸南部氏は波木井家を継いだ家で、三戸南部氏の
   庶流であるとされている。しかしながら、南部氏発祥の甲斐国では波木井家は
   一三代続き戦国時代に武田信虎に滅ぼされたことが明確となっている。これは
   本来は奥州南部氏の惣領であった八戸南部氏が、戦国時代末に独立した大名
   となる道を逃し、三戸南部氏に従属することとなり、江戸時代の初めにその
   家臣となって生き残りをはからざるを得なかったことから主家となった三戸
   (盛岡)南部氏をはばかって系図の改変を行って創作したものであり、実際
   には波木井家と八戸南部家はまったくの無関係であるのではないかと考え
   られている。


  ・南部氏の嫡流家=惣領家を名乗り(名乗りは太郎、次郎、三郎と本来は
   男子の子息の生年による序列を示す呼称だったが、武士の「家」が固まった
   鎌倉時代以降はその家の後継者を示すものとなった。)から検討すると、
   まず鎌倉時代の南部家惣領の名乗りは「次郎」または「孫次郎」「又次郎」
   であり、鎌倉末、南北朝時代にこれを継承していたのは八戸南部家であって、
   三戸南部家ではない。続いて戦国時代に三戸南部家が奥州南部氏の惣領として
   戦国大名化を進めていた時代の名乗りは「彦三郎」であった。そして、
   戦国末の晴政、晴継の死後の混乱を乗り越えて三戸南部家の家督を継ぎ、
   盛岡南部氏の初代となった「田子九郎信直」以降の盛岡南部家当主の名乗りは
   「九郎」あるいは「彦九郎」である。以上の事実は、奥州南部氏が、少なく
   とも二度、惣領家の変化があったことを示している。まず一度目は、鎌倉末、
   南北朝時代の「南部次郎」家から室町時代の「南部彦三郎」家への変化であり、
   これはまさしく奥州南部氏の嫡流家が八戸南部家から三戸南部家に移行した
   事実を反映したものだと考えられる。次いで「南部彦三郎」家から「南部九郎」
   家への変化であるが、後者は南部信直の三戸南部家継嗣が三戸南部家の家督の
   強奪であったことを物語っているといえる。



  ・これまでの通説では三戸南部氏は天文8(1539)年の本三戸城の炎上で
   相伝文書が焼失したとされているが、近世の信直を祖とする盛岡南部氏が
   三戸南部氏の文書を継承できていない(天文8年以降、天正14年までの
   文書も一点もない)ことからも信直の継嗣が三戸南部家の家督奪取であった
   ことを暗示している。


  ・三戸南部氏第24代当主晴政は長く男子が生まれず、元亀元(1570)年に
   その娘を正室として南部信直を養嗣子として迎い入れた。しかし晴政に実子・
   晴継が誕生すると、次第に信直を疎むようになり、信直本人も身の危険を感じて
   いたのか、天正4(1576)年に正室が早世すると養嗣子の座を辞退し、
   田子城に引き籠もり居を転々とした。その後、晴政が死去し、実子の晴継が
   25代を継いだが、父・晴政の葬儀を終えた夜に何者かに暗殺されてしまう。
   (これには信直の暗殺説も囁かれている。)晴政・晴継と相次いだ死によって
   三戸南部氏は直系が絶えることとなり、ここに家督争いが勃発した。晴継の
   後継を決定するために一族重臣十数名による評定が開かれたが、南部信直、
   九戸政実、八戸政栄の有力候補者3人は病と称して列席しなかった。会議では
   九戸政実の弟・実親を推す意見もあったが、北信愛や南長義から支持された
   信直が、南部氏第26代当主を継承することとなった。これが原因で九戸政実は
   遺恨を抱き、のちに九戸の乱を起こす引き金となった。



  ・近年では信直の家督継嗣は信直によって内戦が引き起こされた結果、晴政
   親子が攻め滅ぼされたという説も浮上している。



  ・三戸南部氏の十代は茂時とされているが、これは太平記に北条高時に殉じたと
   みえている「南部右馬頭茂時」をあてたもののようである。但し、高時に殉じた
   のは北条一族の「南右馬権頭茂時」で九戸にも所領を持っていたとされる人物で
   太平記がこの人物を南部と誤り、江戸時代に作られた南部系譜もこれをもとに
   十代茂時という人物を創作したとの説がある。



  ・南部氏は建武の中興前には糠部地方にはいなかったという説が有力になって
   いる。
八戸南部氏が糠部に最初に下向したのは、建武の中興の直後に師行が
   糠部郡奉行および検断職として派遣されたものであり、これは史料的にも
   確認されている
。では三戸南部氏の方は一体いつ糠部に下ってきたのかという
   最大の謎が残る。しかしながら、南北朝時代の文書・記録には現在の「南部氏
   系図」には見えない南部一族が数多く登場する。師行・政長の奥州下向は
   これら多数の一族を引き連れてものだったと思われ、三戸南部氏の祖先も
   そのうちの一人だったと考えられる。具体的には観応2(1351)年の
   正月に始まる観応の擾乱に際し諸国の南朝方が蜂起した時に鎮守府将軍・北畠
   顕信を支えた糠部南部氏の中心人物として「南部伊予守」や「南部信濃守」
   といった武将が登場する。この2人は伊予守・信濃守といった官途を与えられて
   いることから、南部一族の中でもかなりの地位と勢力を持っていたことが考え
   られる人物である。しかも八戸南部氏とは明らかに別系統の一族で両者に相当
   する人物は八戸南部氏の系譜には登場しない。つまり八戸南部氏の一族として
   ともに奥州に下向した「南部伊予守」や「南部信濃守」がのちの三戸南部氏の
   祖となった人物であると推定される。


○南部氏系図の考察のまとめ

  ・三戸盛岡南部氏には天正14年以前の文書が一点もなく、近世以降の編纂に
   よる諸記録によらざるを得ないため、中世の動向は明らかではない。



  ・南部氏は初代の光行が、頼朝の奥州攻めに戦功をあげて糠部郡を与えられた
   とされてきたが、光行が奥州攻めに参加したことは吾妻鏡で明らかである
   ものの、糠部郡給与については家伝以外に頼るものがなく、鎌倉時代には
   南部氏の所領が
糠部郡にはなかったのではないかと考えられている



  ・南部氏は八戸南部氏も三戸南部氏も南北朝時代に糠部郡に下向してきたものと
   考えられる



  ・これまでは南部氏の嫡流は三戸南部氏で、奥州下向は本貫の甲斐の所領を放棄
   して一族をあげてと伝えられてきたが、甲斐国では南部氏や波木井氏の嫡流と
   思われる系統が戦国時代まで残っていたことが明らかである。つまり奥州に
   下向したのは南部氏の庶流で傍系の一族だと考えられる。



  ・八戸南部氏は波木井家を継いだ家であるとされてきたが、戦国時代まで甲斐国に
   波木井氏が存在していたのは明らかであり、実際に波木井家と八戸南部家は
   まったくの無関係であるのではないかと考えられる



  ・南部氏は建武の中興前には糠部地方にはいなかったという説が有力になって
   いる。
実際に南部氏が糠部に最初に下向したのは、建武の中興の直後に八戸
   南部氏の祖となる師行・政長兄弟であり、この八戸南部氏こそが奥州南部氏の
   嫡流で、三戸南部氏の祖先は師行・政長と一緒に下向した一族の一人だったと
   考えられる。


※( )内の数字は三戸・盛岡
南部氏の当主の代数を示す

※「 」内の数字は八戸・
 根城・遠野南部氏の
  当主の代数を示す

※( )内の数字は三戸・盛岡
南部氏の当主の代数を示す

※「 」内の数字は八戸・
 根城・遠野南部氏の
  当主の代数を示す

(八戸・根城・遠野南部氏)
(三戸・盛岡南部氏)