高経…
┌─┤
宗氏
宗家
(斯波の祖)
家氏
(鎌倉幕府将軍)
(佐竹の祖)
(新田の祖)
(武田の祖)
頼義
(河内源氏)
(摂津源氏)
頼信
(源)
満仲
経基
貞純親王
陽成天皇
清和天皇
昌義
義業
(最上の祖)
┌─┤
(渋川の祖)
(鎌倉公方)
義詮…
基氏…
尊氏
┌─┤
貞氏
(足利)
(足利)
兼氏…
(石塔の祖)
頼茂…
家時
相義
(足利)
頼氏
(一色の祖)
(室町幕府将軍)
義康
┌────┐
義胤…
(奥州吉良の祖)
経氏…
(今川の祖)
国氏…
(足利)
泰氏
有氏
(吉良の祖)
長氏…
┌─┼─┬─┐
(足利)
義氏
(桃井の祖)
義助
(畠山の祖)
義純…
┌─┼─┐
(足利)
(細川の祖)
義季…
(仁木の祖)
実国…
(広沢)
(矢田)
┌─┤
義清
義兼
義重…
義清…
義国
義光
義綱
┌─┤
(足利)
実朝
(木曽)
義仲
義賢
〜源氏嫡流〜
頼家
頼朝
義朝
為義
義親
義家
┌───┬──┤
┌─┤
頼光
前のページへ戻る

トップページへ戻る

大 崎 氏 系 図

清和源氏足利流

(大崎の祖)
直持
家兼
────┤
義忠
義実
義継
公深…
兼頼…

(9)

(8)

(7)

(6)

(5)

(4)

(3)

(2)

(1)

詮持
満持
満詮
持兼
教兼
政兼
義兼
義直
義隆
高兼
義宣
梅香姫

(10)

┌─┤

(12)

(11)

(室町幕府奥州探題家)

(伊達氏よりの養子、
 一説に大崎氏継嗣)
(豊臣秀吉の小田原征伐に不参陣、
 奥州仕置により、領土没収となる)

※( )内の数字は
当主の代数を示す

○大崎氏系図の考察
  ・大崎氏の系図は大きく分けて仙台藩系統の系図と、同じ斯波一族で山形の
   最上氏に伝わっていた系図の二つの流れがある。
  ・山形の最上氏に伝わる系図には十代高兼が出てこない。
  ・仙台藩で編集した史書では、大崎氏の四代を満詮、五代を満持としている。
   しかしこの点については斯波氏の発行した文書の検討や「留守家旧記」の
   記事などから、四代満持、五代満詮が正しいことがすでに認められている
   ところである。なお仙台藩の編集事業の誤った見解は、広く領内の史料の
   規制にまで及んだようで、県北の市町村史に掲載されている地元発見の大崎
   系図の果てにいたるまで、皆同じ歴代を示している。仙台藩は編集事業の
   際に史料所蔵者から史料を提出させているので、その際に何らかの操作が
   行われた可能性も考えられる。
  ・さらに仙台藩で編集した史書では、田村庄大越で死んだのは満詮であると
   する大きな誤りを犯している。(実際に田村庄大越で死んだのは三代詮持)
  ・仙台藩が編集した史書では、義宣を大崎氏の第十二代当主として数えて
   いる。大崎氏の歴代に関する謎の中で一番大きな問題は、義宣を歴代に
   数えるかどうかである。
────
──┐
┌──────