前のページへ戻る

トップページへ戻る

山 名 氏 系 図

清和源氏新田流

(武田の祖)
義光
昌義・・・
(佐竹の祖)
義業
──────────┤
義忠
────┤
〜源氏嫡流〜
(木曽)
義仲
義賢
┌─┤
実朝
頼家
・・・尊氏
(鎌倉幕府将軍)
義康
頼朝
義朝
為義
義親
(新羅三郎)
義綱
(八幡太郎)
頼義
(河内源氏)
(摂津源氏)
頼信
┌─┤
頼光
(源)
満仲
経基
貞純親王
陽成天皇
清和天皇
(足利の祖)
(新田の祖)
(山名の祖)
────┤
義重
┌─┬─┤
義国
義清…
義家
義節
(室町幕府将軍)
(新田)
義兼…
┌─┤
(里見の祖)
義俊…
義範
朝家
義行
行氏
俊行
重国
政氏
義俊
義長
重村
時氏
────
────
────
───
───
師義
義幸
氏幸
義熙
満幸
義理
義清
氏親
時理
氏清
熙氏
満氏
時清
時長
氏幸
(伯耆守護家)
時義
氏家
氏冬
勝豊
熙貴
教之
熙之
豊之
政之
時熙
誠通
豊頼
豊重
豊時
教清
政清
尚之
兼義
(因幡守護家)
豊治
持豊
持熙
┌──
─┼─
豊久
時豊
勝豊
是豊
教豊
(宗全)
政豊
(惣領家)
俊豊

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

致豊
誠豊

(8)

(9)

(室町幕府四職家)

豊政
豊定
豊国
(禅高)
(熙貴養子)
(持豊子)
祐豊
氏政

(10)

(11)

※( )内の数字は惣領家
  の当主の代数を示す

※( )内の数字は惣領家
  の当主の代数を示す

○山名氏系図の考察
  ・山名系図には、続群書類従本・但馬村岡山名家譜・尊卑分脈など諸本が
   あるが、いずれも完全なものではなく、例えば室町時代、史料的に確証
   できる石見守護山名氏利などは、山名系図諸本の中に見出すことができない。
  ・山名氏の祖、山名太郎三郎義範の系図上の位置は諸説が紛々としていて
   よくわからない。通常、太郎三郎というのは、父が祖父の太郎(長男)
   で自分はその父の三郎(三男)だということである。義範の場合、父・
   義重は義範の祖父・義国の長男だったから、義範は新田義重の三男だった
   と思われる。しかし諸系図での義範の地位は、すべてが紛々としている。
   「尊卑分脈」新田氏の項および「筑後佐田新田系図」では義重の長男、
   「長楽寺系図」と「新田由良系図」では次男、「鑁阿寺新田足利両家系図」
   と「新田横瀬由良正系図」では三男、そして「新田岩松古系図」では五男に
   なっている。また、最も相違が大きいのは「尊卑分脈」足利氏の項である。
   新田山名姓を名乗った義範が、足利義兼の長男、矢田義清の長男、つまり
   足利系として記されているのである。これでは義範が血統的に新田、足利
   両氏のうちのどちらかであるか判然としない。実際に源平合戦期、鎌倉時代、
   南北朝期などにおいても、山名氏は新田、足利両家のどちらとも判別し難い
   行動をしている。しかしながら南朝および室町幕府は、山名氏を新田諸家の
   一つと見做していることから、いずれにしても義範は新田義重の子だったと
   思われる。
  ・源平合戦に参加しなかった新田党の中で、義範は一人頼朝の元に馳せ参じ
   軍功を重ねた。このため幕閣においても源家の一族として重んじられ、北条
   時政・義時父子に次ぐ位置を与えられている。そして文治元(1185)年
   8月には源家一族の中から六人(源義経、大内惟義、足利義兼、安田義資、
   加賀美遠光、山名義範)
が抜擢されて諸国の受領に任じられた。「平氏追討
   源氏受領六人」と呼ばれるもので、義範は頼朝と同族の「御門葉」たること
   を誇称するのを許されたのである。ちなみに頼朝の時期の鎌倉幕府では、
   源家の血筋の者であっても、通常それを名乗ることは許されておらず、新田
   義重はついに「御門葉」にはなれなかった。
  ・群従本山名系図によれば、義範の子、義節は早世したので、その子、重国は
   祖父義範と共に頼朝に仕えたという。しかし年代的に考えて少々無理な点が
   あり、むしろ山名家譜が記すように重国を義節の弟とする方が現実的である。
  ・源氏将軍家が三代で断絶して、北条氏による得宗専制が成立すると、山名氏
   の地位は凋落する。北条氏得宗家の被官が「御内」と呼ばれ、一般の御家人
   が「外様」の扱いをされるようになると、山名氏はその代表格の一人と
   見做され、ついに正安3(1301)年8月、山名氏嫡系の俊行が、謀反の
   風聞によって召し捕られ、有無をいわさずに斬られ、山名氏の嫡系は断絶
   した。これにより、山名氏の嫡系は重国長男朝家の系統から次男重村の系統
   に移った。
  ・時氏の子の代で山名一族の守護領国は和泉・丹波・丹後・但馬・因幡・伯耆・
   出雲・隠岐・美作・備後・紀伊となり、さらに侍所頭人兼帯の山城を加え、
   一門は十二カ国の守護職を握った。この時点で、日本全国の六十六カ国のうち
   六分の一を超えたことから、世に「六分一殿」「六分一家衆」と呼ばれた。
  ・六代教豊の嫡子、政豊は持豊(宗全)の子で教豊の養子になったとの説も
   ある。
  ・戦国時代、山名豊国は因幡守護・鳥取城主として秀吉と対したが、天正8
   (1580)年に秀吉に降り、禅高と号して御伽衆の一人となった。秀吉
   死後は家康に従ってその御伽衆となり、但馬村岡六千七百石を与えられて
   交代寄合(旗本)となった。以後、子孫は交代寄合として江戸幕府に仕え、
   明治に至っている。また、豊国(禅高)はかつての惣領家である但馬山名氏
   第十一代氏政(尭熙)が地下に埋もれていたのを救い出し、家康に周旋して
   旗本に取り立ててもらった。この系統についても以後連綿と続いて明治に
   至っている。尚、この時に豊国は山名嫡流は自家とし、山名の氏はいわゆる
   村岡山名氏に限ることとした。ここに山名嫡系は公式的に滅亡した。
豊数
矩豊
隆豊
豊就
豊喧
義徳
義蕃
義方
義路
義済
義問
(村岡山名氏)
「1」
「2」
「3」
「4」
「5」
「6」
「7」
「8」
「9」
「10」
「12」
「11」

 ※「 」内の数字は村岡
山名氏の当主の代数を示す

(交代寄合衆)
(尭熙とも)