前のページへ戻る

トップページへ戻る

 
 佐竹氏プロローグ(日本屈指の武家の名門)
 
 
 佐竹氏の家祖、新羅三郎義光(源義光)は、陸奥守鎮守府将軍として前九年の役を
 
 戦い、その武勇を天下に知られた源頼義の三男である。また、義光の兄には頼義

 共に前九年の役を戦い「天下第一の武勇の士」と称えられた長男の八幡太郎義家

 いる。(尚、義家の子孫には鎌倉幕府を開いた源頼朝、そして室町幕府を開いた

 足利尊氏などがいる)つまり佐竹氏は清和源氏の血を引く、素性が確かな由緒正しい

 名門中の名門であるといえる。また、佐竹氏の特筆すべき点として、平安時代の新羅

 三郎義光から明治維新に至るまで、常陸国に20代470年間、出羽国で12代270年間の

 繁栄を続け、実に740年間も絶えることなく連綿と続いた『家』であるということである。

 皇室や公家は別として、戦乱の中に身を置かざるを得ない武家でこれだけ長く続いた

 名門は珍しい。類例としては室町時代の守護職で近世の大名として残存できた「家」

 が、佐竹氏を含め、小笠原氏、京極氏、宗氏、島津氏とあるが、小笠原氏、京極氏に

 至っては、戦国時代に一度没落、滅亡しており、領国を失った結果、流浪を余儀なく

 されている。(また、家を再興したのは小笠原氏、京極氏ともに嫡流ではなく、どうやら

 傍流のようである)また、島津家も先祖は頼朝の御家人であり、宗氏についても初代

 重尚以前の系譜は定かではなく、清和源氏の名門である佐竹氏には遠く及ばない。

 他の諸大名についてもほとんど似たようなものである。つまり佐竹氏は日本史に登場
 
 する数多くの武家の中でも、類稀なる最長不倒の存在であり、奇跡的なまでの生命力

 を誇った日本史上屈指の武家の名門であったといえるのである。