前のページへ戻る

トップページへ戻る

 
月の丸扇 佐竹氏の初代は誰か? 月の丸扇
 
 
 佐竹氏の初代を誰とするかについては諸説があり、意見の分かれるところである。
 
 秋田藩の佐竹家譜では「佐竹第一世義光」としているなど、秋田地方では新羅三郎

 義光を佐竹氏の初代としている。これに対し、佐竹氏の故地である常陸では古来より

 昌義を初代としてきた。佐竹寺(常陸太田市)の佐竹大系纂によれば「昌義、佐竹冠者

 四郎二郎、常州久慈郡佐竹庄ノ馬坂ニ住ス。故ヲ以テ氏ト為ス。下野守、信濃守、

 母ハ常陸大掾馬場清幹ノ女也、或曰舅氏ノ地ナルニ依テ常陸ニ来ルト云、又曰奥七郡

 ハ義家ヨリ父義業ニ賜ル故ニ、当国ニ来ルト云ヘリ」とある。また、秋田藩の佐竹家譜

 でも「当国久慈郡佐竹郷ニ住ス。因テ佐竹冠者ト称ス。是ヨリ世々佐竹ヲ以テ氏トス」

 とある。これらの記録には内容に多少の違いはあるが、昌義が佐竹郷に定住して、

 はじめて佐竹を名乗ったという点では同じである。さて、本題に戻って佐竹氏の初代を

 誰とするかということを改めて考えてみる。実は「佐竹大系纂」には、義光が長男義業に

 兄・賀茂次郎義綱の家督を継がせたとある。昌義はこの義業の長男であるが、義業が

 賀茂次郎義綱の家督を継いでいたことを考えると、義光を佐竹氏の初代とするのは

 無理があるような気がする。それでは佐竹氏の初代を誰とするか。前述の通り、源氏

 である佐竹氏が佐竹郷に土着し、はじめて佐竹氏を名乗ったのは義光の孫である

 昌義である。その意味から、昌義をもって佐竹氏の初代とするのが一番妥当ではない

 だろうか。以上のことから、このサイトでは昌義を佐竹氏の初代とすることとする。