前のページへ戻る

トップページへ戻る

 
月の丸扇 佐竹氏の家紋 月の丸扇
 
 
 佐竹氏の家紋は「扇に月丸」である。この「月丸」は白または銀色に塗られていれば

 いいが、家紋のように白黒で識別する場合は大変間違いやすい。そのため、後世

 では「扇に日の丸」と記したものもあり、のちに、この両方が用いられるようになった

 という。佐竹氏の第二の本拠地秋田では、日の丸をもって正しいとしており、月印の

 家紋はどこにも残っていない。しかし、この家紋の発生を歴史的に見てみると、源頼朝

 の奥州征伐に参陣した佐竹秀義が持参した旗は源氏伝来の無文の白旗だったが、

 頼朝は自分の旗と同じであることを咎め、源家嫡流のものとの識別のために「御扇出月

 を秀義に賜り」旗の上につけさせたという。このことから以後、佐竹氏の家紋は「月印

 五本骨軍扇」となり、佐竹惣領家を中心とする一族団結の象徴として、受け継がれて

 いくこととなった。このことは吾妻鏡の文治5年8月26日条に「佐竹四郎・常陸国より

 追って参加、而して佐竹・持たしむる所の旗・無文の白旗也。二品(頼朝)咎めしめ

 給ふ。御旗と等しくすべからざるの故也。よりて御扇(日出)を賜ひ、佐竹に於ては、

 旗の上に付くべきの由、仰せらる」とあり、このことから佐竹系図では以後「五本骨

 月丸扇を旗に結び家紋とした」とある。以上から月丸扇が古式であることは間違いない。