前のページへ戻る

トップページへ戻る

 
月の丸扇 佐竹氏と奥州藤原氏との血縁関係 月の丸扇
 
 
 中尊寺金色堂を今に伝えるなどみちのく平泉に一大仏国土の建設を成し遂げた

 奥州藤原氏の初代清衡。この清衡は基衡をはじめとする六男三女をもうけたが、

 実はその中の二人の娘を佐竹氏に嫁がせ(一人は佐竹昌義の継室となり、一人は

 昌義の三男義季の正室となった)血縁関係を結んでいたということは、なぜか史書

 でも大きく取り上げられていることはほとんどない。二度に渡って佐竹氏との結縁を

 はかった清衡の目的は奥州に隣接する常陸国の清和源氏の名門佐竹氏との政略

 結婚との見方も十分に成り立つだろう。この清衡の女(名不詳)は昌義の継室(後妻)

 となり、隆義ら三男子を生んでいる。つまり、のちに源頼朝の佐竹討伐の直接の

 対象となる佐竹隆義は、藤原清衡の孫にあたるわけである。(ちなみに昌義の三男

 義季は昌義の継室の妹を正室に迎えており、二男子を生んでいる) 尚、清衡は

 前九年の役で源頼義義家親子に討伐された安倍頼時の娘を母として生まれて

 いるので、清衡の娘を母として生まれた隆義は安倍頼時や藤原清衡の血を引いて

 いることになる。以降、佐竹氏の歴代当主は隆義の子孫に受け継がれていくので、

 佐竹氏の歴代当主には少なからず俘囚の血が流れていたということになるわけである。