トップページへ戻る
墓所名 円通寺宗家墓地
お墓の様子
所在地 長崎県対馬市峰町
佐賀573(円通寺)

〜コ メ ン ト〜

室町時代前期(1408〜1468年)、宗氏は佐賀に島府を置き、

全島を支配した。この時の島主は佐賀三代といわれる宗貞茂、

貞盛、茂職で、宗貞国が応仁2(1468)年に府中(厳原)に移る

までの間、円通寺は宗氏の菩提寺であった。現在、円通寺の

裏山の宗家墓地には、宗一族の墓があり、無銘の供養塔で

あるため個々についての所伝は不明ではあるが、佐賀三代の

宗一族のものだと考えられている。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る