前のページへ戻る
『そもそも仏塔とは何か?』
仏塔の起源は古代インドのストゥーパ

である。ストゥーパは釈迦の遺骨すなわち

「仏舎利」を納めるために作られたもので、

古墳のような土饅頭の上に棒状の傘蓋を

立てた一種のお墓である。また塔の語源も

サンスクリット語のストゥーパにある。

ストゥーパは崇拝対象としてアジアの

仏教圏へと広がり、中国に伝わると

「卒塔婆」と訳され、さらにそれが略されて

「塔婆」、「塔」と称されるようになったと

いわれている。なお、建築物としての

ストゥーパは中国の伝統的な楼閣と

合体して高層建築となり、高いところに

神が宿るという思想により楼閣の上に

ストゥーパを載せる形となった。やがて

饅頭形の墳墓に傘立てたストゥーパの

姿は、塔の頂きに立つ相輪へと姿を

変えた。つまり、五重塔や三重塔の

塔頂に掲げられた相輪はストゥーパを

象徴しているものであり、相輪こそが

仏塔の本質なのである。

トップページへ戻る