前のページへ戻る

トップページへ戻る

 
月の丸扇 佐竹義昭への関東管領就任要請 月の丸扇
 
 
 関東管領上杉謙信。いくら歴史に興味がない人でもその名前くらいは知っている
 
 だろうと思われるほど有名な戦国武将である。さて、その上杉謙信であるが、彼は

 元々、越後守護代である長尾家の当主であり、上杉憲政から関東管領職と上杉の

 家名を譲り受けたため、上杉姓を名乗ることになったものである。しかし、実は上杉

 憲政が謙信を頼るより前に、一度佐竹氏に関東管領職と上杉の家名を譲り渡そう

 として申し入れをしたものの佐竹氏に断られ、やむなく謙信を頼ったということは

 あまり知られていない。そこで、この項では上杉憲政と佐竹氏ならびに関東管領職

 の関係について考察をすることとする。まず関東管領であるが、これは室町幕府の

 関東における出先機関である鎌倉府において鎌倉公方を補佐するために設置

 された役職であり、鎌倉幕府における執権、室町幕府における管領と同じ役割で

 公方足利氏に次ぐ地位にあったものである。この鎌倉府は室町幕府より関東八ヶ国

 (相模、武蔵、安房、上総、下総、上野、下野、常陸)ならびに伊豆、甲斐を含む

 十カ国の管理を一任され、さらには陸奥、出羽についても統治権があたえられる

 などさながら関東にも小幕府が存在しているかのようなものであった。また、室町

 幕府における管領は斯波氏細川氏畠山氏が交互にその職に就いたが、関東

 管領職については早くから上杉が独占をしていたので、室町時代の関東における

 上杉氏の権力は大変強大なものであった。しかしながら、時は応仁の乱を経て、

 下剋上の時代となり、関東においても北条早雲の登場により、ついに 戦国時代が

 到来し、以後、氏綱、氏康、氏政、氏直と続く北条氏五代による、関東制覇の野望

 の前に関東一円は争乱が激化していくこととなる。そして天文14年〜15年 (1545〜

 1546)にかけての河越合戦で公方足利晴氏、関東管領上杉憲正をはじめとした、

 上野、下野、北武蔵、常陸、下総などの連合軍はその数、実に8万余騎で河越城を

 包囲するもわずかに8千余騎の北条氏康軍の前に大敗し、結果、扇谷上杉朝定は

 敗死して同家は滅亡、また鎌倉府以来の公方、関東管領の権威も地に堕ち、以後、

 北条氏の度重なる攻勢の前に、上杉憲正は天文20年(1551)常陸の佐竹義昭を

 訪ね、北条氏の討伐を要請し、上杉の家名と関東管領の職を譲りたいと義昭に

 申し入れた。この年の正月に居城である平井城を北条氏康により落とされていた

 憲正はもう関東で生きる場所はない。それ故の義昭への申し入れであった。佐竹家

 と上杉家とは、義昭から遡ること5代前の当主義人が上杉家からの養子であった

 ことを考えれば、まったくあり得ない話ではなかったのだろうが、この憲正からの申し

 入れに対して義昭は「関東管領職については望むところであるが、当家は清和源氏

 
新羅三郎義光の後裔であり、上杉の姓を名乗ることは本意ではない」としてこの申し

 入れを断った。清和源氏の後裔である名門佐竹の名を重んじたのである。このため、

 憲政はさらに越後に走り、長尾景虎を頼り、関東管領職と上杉の家名を譲りたいと

 申し入れ、景虎も承諾した。これが後の上杉謙信である。