蒙古軍撃退の
立役者たちの
墓を訪ねるの
ページへ

トップページへ戻る
墓所名 宗下野次郎盛忠の墓 別館のブログへ
お墓の
様子

動 画
所在地 長崎県対馬市上対馬町比田勝

〜コ メ ン ト〜

宗下野次郎盛忠(盛維)の墓。宗氏家譜には文永の役で討死

した将士の名が三十余名列記されていて、その中に宗を

名乗る一族が十名いる。元軍の軍船は九百艘とされ、対馬には

全島が襲撃されたとの伝承があり、宗助(資)国の兄弟で佐護

郡司だった下野次郎は文永の役から退却する帰途、略奪の

ために西泊湾に侵攻してきた蒙古軍を次男・上総介と共に

南護志浦で迎え撃って討死したと伝えられている。尚、

菩提寺である崇福寺跡には道翁の平と呼ばれるところが

あり、下野次郎父子のものとされる宝篋印塔・五輪塔が

あったが、現在ではこの下野次郎父子の墓は、下野

次郎の後裔とされる比田勝家の墓所に移設されている。

また、比田勝の国道沿いにも近年になって建てられた

下野次郎の墓がある。


日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る