前のページへ戻る
名 称  元寇防塁(西新百道地区)別館のブログへ
写 真
所在地  福岡県福岡市早良区百道1−10

〜コ メ ン ト〜

百道・西新の元寇防塁は約20キロにわたる元寇防塁のちょうど

中間地点にあたる。文永の役(1274年)では元軍がこの百道浜に

上陸し、蒙古軍の侵入を余儀なくされ祖原、鳥飼、赤坂一帯が

戦場となった。このため防塁は強固なものであったと考えられるが

担当国は不明である。この百道の元寇防塁は西新元寇防塁の

約250m西にあり、現在では防塁の一部が帯状に露出していて、

姪浜石と呼ばれる砂岩などが使用されているようであるが、発掘

調査が行われていないため詳細については不明である。


トップページへ戻る

元寇史跡マップへ