前のページへ戻る
名 称  元寇防塁(今宿地区) 別館のブログへ
写 真
所在地  福岡県福岡市西区今宿駅前

〜コ メ ン ト〜

今宿地区(当時の表現では青木横浜)の元寇防塁は豊前国が

担当し、長垂山から今山にかけて約2、2キロに渡って築かれた

ものである。古文書には築城郡吉富村を本拠とした成富氏が

乾元2(1303)年にこの地区の防塁の修理を完了したという

報告があり、弘安の役(1281年)以後も防塁の修理が行われ

蒙古に対する警備体制が続いていたことを示している。今宿

地区では長垂海水浴場前が国史跡に指定されているが、

現在では砂浜の松林の中に石が埋まって連なった石材が

わずかに顔をのぞかせるのみとなっており、防塁そのものの

調査は行われていないため構造等の詳細については

不明である。

トップページへ戻る

元寇史跡マップへ