墓所名 相良頼俊の墓 別館のブログへ
お墓の
様子
   
 動 画
所在地 熊本県人吉市願成寺町956

〜コ メ ン ト〜

相良氏の第三代当主・相良頼俊の墓。頼俊は長頼の

三男で寛元4(1246)年に父・長頼から肥後人吉荘内の

所領を譲られ、さらに建長6(1254)年には兄・頼親の

跡を継ぎ相良家の第三代当主となった。その後、相良

一族は文永の役後に鎌倉幕府の命により蒙古軍の

再度の襲来に備えて、異国警固番役に勤仕した。

弘安4(1281)年に蒙古が再来して弘安の役が

始まると、頼俊は自ら兵を率いて博多に赴き、弟の

相良頼員と共に菊池武房に従って奮戦し、閏7月

1日の暴風雨により五龍山に避難した蒙古軍を菊池

武房らと共に捕虜として、博多浦で斬るという戦功を

挙げた。これによって頼俊と頼員は、北条宣時と北条

貞時の名を以て関東御教書が出され激賞された

という。


トップページへ戻る
日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る