墓 所 名  太安萬侶の墓 別館のブログへ
お 墓 の
様 子
    
    
    
    
動  画
所 在 地  奈良県奈良市此瀬町

〜コ メ ン ト〜

日本現存最古の書である古事記の編纂者として有名な太安萬侶の墓。安萬侶は

元明天皇の命で古事記の編纂に着手し、天武天皇の勅命で稗田阿礼が誦習して

いた帝紀や先代旧辞を文章に記録し和銅5(712)年に献上したとされる。尚、

古事記については江戸時代の中頃から「後の世」に作られた偽書であるとの疑いが

論じられてきた。(偽書説には序文のみが偽書だとするものと、本文も偽書だとする

二つの説がある)その理由としては、すぐ後に編纂された「日本書紀」に古事記に

関する記載がないこと、奈良時代を叙述した正史である「続日本記」にもやはり

古事記について記載がないこと(日本書紀については続日本紀に編纂についての

記載がある)、古事記という書名が史料の中に初めてみえるのが、弘仁4(813)年に

多人長によって撰上された「弘仁私記」の序文によることなどから古事記は奈良

時代後期の成立であるとか、さらに時代が降って平安時代初期に成立した偽書で

あるといった説が現在に至るまで根強くある。しかしながら、昭和54年にこの墓が

発見され、出土した銅製墓誌に「左京四條四位下勲五等太朝臣安萬侶以癸亥年

七月六日卒之養老七年(723年)十二月十五日乙巳」の41文字が刻まれていた

ことから太安萬侶の墓であることが明らかになり、この世紀の大発見により古事記が

和銅五(712)年に安萬侶によって作られたことは事実と見なして差し支えないと

言われるようになったという。

トップページへ戻る
日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る