トップページへ戻る
墓 所 名 アマミチューの墓 別館のブログへ
お 墓 の
様 子
所 在 地 沖縄県うるま市勝連比嘉

〜コ メ ン ト〜

アマミチューの墓。アマミチューは琉球神話における創世神でアマミキヨ、

アマンチュー、アマミキュ、阿摩美久、阿摩弥姑ともよばれる女神で

男神・シルミチューの妻とされる。アマミチューはニナイ・カライ(遥か

東方の海の彼方にあるという神々の住む楽土、理想郷、神の国)から

「ヤハラ司」の海岸に上陸して「浜川御嶽」の洞窟で仮り住まいをした

あとで、ミントンに移りミントングスクを築いたという。その後アマミチュー

はシルミチューと結ばれて三男二女をもうけ、長男は国王の初めの

「天孫氏」となり、次男は按司の初め、三男は百姓の初めとなり、

長女は聞得大君となり、次女は祝女の初めになったと伝えられている。

(琉球神話では天孫氏はアマミチューが築いたとされる玉城城を居城

にして25代17802年つづいたとされる)アマミチューは琉球神話に

おいては国創り神話の神として、地方においては豊穣をもたらした

神として伝えられていて、国造りにあたっては安須森御嶽(辺戸)、

クボウ御嶽(今帰仁)、斎場御嶽(知念)、薮薩御嶽(玉城)、

雨つづ天つぎ御嶽(玉城城内)、クボー御嶽(久高島)、首里真玉森

御嶽(首里城内)と七つの御嶽(琉球開闢七御嶽)を創造したと

される。尚、うるま市の浜比嘉島にはアマミチューとシルミチューが

居住したと伝えられている大きな洞窟(シルミチュー霊場)があり、

島の東方海岸にはアマンジと呼ばれる岩屋の小島があり、そこに

ある洞穴を囲い込んだ墓はアマミチューとシルミチューの墓と伝え

られているという。尚、アマミチューの墓とされるものは南城市の

ミントングスクにもある。


日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る