前のページへ戻る

トップページへ戻る

長禄の変とは禁闕の変で後南朝に奪い去られた三種の神器の
一つである神璽を奪還するために赤松氏の遺臣らが後南朝の
行宮を襲い、南朝の皇胤である一宮と二宮(川上村の伝承では
自天王と後南朝の征夷大将軍である忠義王と伝わる)の兄弟を
騙し討って、神璽を強奪しようとした事件である。


これは嘉吉の乱により主家である赤松家が取り潰されたために
浪人となって困窮し、苦境に陥っていた赤松氏の遺臣が
「後南朝一党を討ち果たし神璽を取り返し奉る」ことを条件に
赤松家を再興させることを幕府・朝廷との間に約束を取り
交わした上で行われたものである。


「赤松記」によると後南朝一党を攻略する手段として「赤松氏
牢人はどこにも仕えるところがなく、これ以上辛抱することも
できないので、吉野殿(後南朝)を頼り吉野へ参上することと
した。赤松氏牢人が一味して都を攻め落とし、ぜひ御供
したい」と申し入れ後南朝に接近したという。長禄の変のことを
書き残した上月文書の中にある南方御退治条々によると
赤松氏の遺臣が吉野へ向かったのは康正2(1456)年12月
20日のことでその数は30人であったという。しかしながら
すぐに攻撃というわけにはいかなかった。神璽のありかを
調べる必要もあった。また、一宮・二宮に近付くだけでも
相当な苦労があったはずである。赤松の遺臣は南方宮に
取り入り隙をうかがいつつ、情報の収集につとめた。


そして一年後の長禄元(1457)年12月2日の子の刻(午前
零時頃)についに一宮と二宮を襲撃した。二手に別れた
赤松遺臣は丹生谷帯刀左衛門、同四郎左衛門兄弟が
北山に忍び込むと兄の帯刀が一宮の首を討ち取り、神璽を
強奪したものの、この動きを察知した吉野の郷民によって
反撃され伯母谷というところで丹生谷兄弟は討ち取られ
一宮の首と神璽は奪い返されてしまった。また、ほぼ同じ頃に
河野郷においては赤松遺臣により二宮の首も討ち取られたが、
やはり二宮の首についても吉野の郷民の反撃によって奪い
返されたという。結局のところ、この12月2日の襲撃では両宮
(一宮・二宮)の殺害には成功し、一旦は神璽の強奪をした
ものの吉野の郷民の反撃により神璽は奪い返されて
しまったのである。


その後、最終的に赤松遺臣が神璽を奪還したのは長禄2
(1458)年の3月末で「南帝母儀在所」に小川弘光が乱入
してついに神璽盗み取ったとされている。(この神璽奪還に
ついては謀略が用いられたのか「小寺兵衛入道、不思儀の
了見をめぐらし、重ねて神金玉(璽)取り返し奉る」「種々
調略をめぐらし、重ねて執り返し奉る」「悪党を入れ盗み
取りおわんぬ」「京都より色々御計略の処」などと書き
残されている)いずれにしてもこうして奪還された神璽は
同年8月30日に実に15年ぶりに入洛したのである。


つまり長禄の変とは非常に分かりにくいのであるが「一日の
出来事」や「一連の出来事が連続して立て続けに起こった」
ものとしてとらえるのではなく『長禄元(1457)年12月2日に
赤松遺臣が南朝の皇胤である吉野奥北山の一宮と
同河野郷の二宮を殺害したものの、神璽の強奪には
失敗した』という前段部分と『長禄2(1458)年の3月末に
「南帝母儀在所」に小川弘光が乱入して神璽盗み取った』
という後段部分の二つの出来事を組み合わせてはじめて
その全体の流れが把握できるものであると言えるのである。
『 長 禄 の 変 』