前のページへ戻る
トップページへ戻る
名 称  神の足跡 別館のブログへ 
写 真
 動 画
所在地  福井県福井市小丹生町 

〜コ メ ン ト〜

神の足跡は福井県福井市小丹生町の越前海岸沿いを走る国道305号線の道路に

面した断崖にある「長さ5m、幅2m」の「巨大な足跡」のように見える一対の岩で

ある。車で走っていると急カーブのコーナーで突然出てきてホンの一瞬で過ぎ

去ってしまうため事前に知っていなければ気付かずに通り去ってしまう可能性が高い。

(特に北上している場合には「神の足跡」が断崖の影に隠れているため、発見する

ことはまずあり得ないと思われる)。本来なら何てことのない雑風景のはずであるが、

足跡とおぼしき岩が対(左足が足袋型、右足がわらじ型)になっていることから

「確かに紛れもなく『足跡』のように見える」不思議な不思議な遺構?である。尚、

この地方に伝わる伝説(現地の看板参照)によると『昔、この地方に幾十日も

雨が降らず、大干害に見舞われてしまい、村中総出の雨乞いも一向にききめが

なく、人の心まで乾ききって困り果ててしまったある日、一人の老婆の意見に

従いみんなが氏神様(春日神社)に集まって祈り続けて一夜が明けた朝のこと。

「川に水があふれているぞ!田畑に雨が降ったぞ!」と叫ぶ若者の声に村人

たちが急いで田畑に向かったところ、田んぼには水がいっぱい波うち、畑の

作物は生気を取りもどし、あちこちの小川も水が満ち満ちていたという。誰もが

この不思議な出来事に夢ではないかと驚きと喜びに村中が大騒ぎになって

いる中、神社裏の断崖に「神様が村人を救うために夜を徹して海の水を

くみ上げて、田畑に散水をした時に付いた足跡が残されている」ことが

わかり、村人たちは打ち続く不思議な出来事に驚愕し、以後、この「神の

足跡」は地域住民の信仰と尊敬の対象となって今に至っているという。