前のページへ戻る
名 称  モネの池 別館のブログへ
写 真

動 画
所在地  岐阜県関市板取448

〜コ メ ン ト〜

モネの池は岐阜県関市板取にある根道神社の鳥居の横にある本来は『名もなき池』である。

しかしながら、印象派を代表するフランスの画家であるクロード・モネが描いた絵画『睡蓮』の

世界を彷彿とさせることから、いつしか『モネの池』と呼ばれるようになったという。この通称

『モネの池』は水源を不純物の少ない山からの湧水によっているため、池の水は常に青く

透き通って池の底まで見透せる美しさで、さらに池の中に生息している色鮮やかな鯉や

水草がこの美しい池をより一層神秘的で幻想的な景観へと誘っている。その息を飲むような

景観はこの世のものとは思えない『まるで絵画の世界』という表現がピッタリの情景であり、

一見の価値があるといえる。

トップページへ戻る