前のページへ戻る
名 称  地蔵岩 別館のブログへ
写 真
所在地  三重県菰野町菰野

〜コ メ ン ト〜

地蔵岩は三重県の御在所岳の中腹にある岩と岩のすき間に幅約1mの

サイコロ状の岩がスッポリと納まっている奇岩である。この地蔵岩は見る

からにいかにも危なっかしく、ちょっとしたことでもグラグラして今にも

落っこちそうに見えるのだが、どんな暴風雨に曝されても一向にびくとも

せず絶対に落ちることない実に絶妙なバランスで挟まっている。その

何とも信じがたい摩訶不思議な姿は人智を越えた大自然の大きな

力をまじまじと実感することができる。また、一体どうやってあんな

ところに岩を乗っけたのだろうか?と「ふと」そんな考えが思い

浮かんだ時にもやはりこれは人智を越えた神々の気まぐれ、神々の

イタズラによるものではないのか?と思わせるものがある。尚、

御在所岳はロープウェイで山頂まで行くことができ、また山頂へと

至る登山道も6つあるなど開かれた山であるのだが、この地蔵岩は

中登山道の『5合目と6合目の中間地点』にあり、ロープウェイからは

見ることができない。このため、地蔵岩を見るためには中登山道を

下から登って行くか、ロープウェイで山頂まで行ったあとに中登山道

を降りていく必要がある。こう書くと山頂までロープウェイで行った

あとに降りてくれば良さそうなものだが、実際には7合目から6合目の

間にキレットと呼ばれる山の稜線が深く落ち込んだ場所があり、

高所恐怖症の方や登山初心者には危険度と難易度がかなり高い

ため、地蔵岩だけが目的なのであれば中登山道を下から登って

行き、地蔵岩を見たあとには、また元の登山道を引き返すのが

一番いいと思われる。(但しこのルートも決して楽なワケでは

ないので要注意)

トップページへ戻る