トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵 別館のブログへ
(五輪様・五輪山の五輪塔)
お墓の様子
所 在 地 兵庫県香美町香住区本見塚

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。ここ本見塚の一番高い

ところには五輪山(美伊塚山)という山があり、その山頂には

安徳天皇の御陵と伝えられる五輪塔がある。尚、近くの村人

たちの間には「この五輪の塔の下には黄金が埋めてあると永く

言い伝えられており、いつの時代か村人がこれを掘り起こした

ことがあったが、その棺の中には見るも恐ろしげな甲冑に身を

包んだ武者が横たわっており、墓を掘った人は翌日から

疫病にかかって、墓をあばいたたたりと恐れられた」という

口碑が残されているとのことである。ちなみに本見塚集落は

昭和43年12月に廃村となってしまい、住家は一戸も残って

いない。この旧本見塚集落に行くためには国道178号線を

外れてダートを進むこと約25分。その後、車を停めてから

3分くらい山を登るとたどり着く。事前に現地の情報を何も

得ることができなかったので、本当に何かあるのか半信

半疑だったが、無事にたどり着くことができた。そうこうして

いるうちに昭和43年12月までこの集落に最後まで住んで

いたというご夫婦に偶然お会いした。廃村になったとはいえ、

今でもこうして年に何回か生まれ育った本見塚集落に来る

らしい。そのご夫婦に五輪塔のことを聞いてみたが、我々の

先代までは「五輪様」と呼んで管理もちゃんとしていたが、

今はもう誰も何もしていないとのことで(最初に聞いた時には

もう何も残ってないだろ?と言われた)この塔のいわれ

なども知らないとのことだった。



※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。


日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る