日本の絶景・
聖地巡礼の
ページへ

前のページへ戻る
名 称  万治の石仏 別館のブログへ
写 真



所在地  長野県下諏訪町社

〜コ メ ン ト〜

万治の石仏は信濃国一之宮で7年ごとに行われる御柱祭りが全国的にも

有名な諏訪大社・下社春宮のすぐ近くにある高さ2m60cmの半球状の

巨大な自然石に仏頭をのせた他にはない大変ユニークな石仏で、胴体

には万治三(1660)年の刻銘がある。この石仏は長らく野に埋もれて

いたが、1974年に諏訪大社の御柱祭を見学に来た画家の岡本太郎や、

作家の新田次郎がこの石仏と対面して感嘆したことにより一躍話題を

呼び、講演又は雑誌等で全国に紹介され知られることになったもので

あるといい、年々整備が進められ現在では参道に土産物屋までが

できている。このためこのユニークな石仏をゆっくりとまじまじと拝み

たいなら朝一番で訪ねるなどの工夫が必要である。

トップページへ戻る