墓 所 名 対馬小太郎の墓 別館のブログへ
お 墓 の
様 子
   
所 在 地 長崎県松浦市鷹島町里免

〜コ メ ン ト〜

対馬小太郎の墓。小太郎は対馬の守護代・宗助国(資国)

家臣で文永の役の際、兵衛次郎と共に対馬から元軍の

襲来を大宰府へ報告するという使命を果たし、その後、

博多の防衛戦に参加し、弘安の役でもめざましい活躍を

果たした。小太郎は少弐景資の配下として鷹島で

奮戦中に重傷を負い自刃したが、小太郎はその時、

「我が屍を埋めるに対馬を望むべき丘陵においてせよ」

と言い残したと言われている。その後、人々は小太郎の

遺言通りに対馬・壱岐・黒島を遥かに望むこの丘に

お墓を建て、小太郎は対馬様と呼ばれ親しまれて

きたという。

トップページへ戻る
日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る

蒙古軍撃退の
立役者たちの
墓を訪ねるの
ページへ