前のページへ戻る
名 称  不動院岩屋堂 別館のブログへ
写 真
所在地  鳥取県若桜町岩屋堂

〜コ メ ン ト〜

不動院岩屋堂は日本三大投入堂の一つで、間口約7m、高さ13m、

奥行き10mの天然岩窟の中にある舞台造りの建物である。この堂は

正面3間、側面7間の前方が入母屋造りで、後方は切妻造りの

屋根をもち、床下は「三徳山三仏寺投入堂」と同じ造りである。

天然の岩洞に設けられたこの岩屋堂は「窟堂」ともいわれ、集落に

残る書上帳や言い伝えを総合すると、大同元(806)年に飛騨の

匠が建てたもので、その後、源義経が再興したのが今の堂であると

伝えられているが、建築手法(柱、舟肘木、正面の花頭窓、須弥壇

周りなどの形式)から、南北朝時代の建立と推定されているという。

往時には周りに七堂もの伽藍があり、百五十石の寺領を有する

大伽藍であったが、1581年(天正9年)、羽柴秀吉が鳥取城攻めの

際にこの付近を焼き払い、岩屋堂(本堂)のみを残してこれらの

伽藍は焼失してしまったとのことである。また、本尊は日本三大

不動の一つともいわれ、弘法大師・空海が33歳の時に彫ったと

伝えられ因幡の黒皮不動として信仰を集めた黒皮不動明王

である。通常は公開されていないが、毎年3月28日と7月28日

には、護摩法要が行われ、本尊の不動明王像が一般公開

されるとのことである。


〜感 想〜

投入堂といえば、何といっても三徳山三仏寺の投入堂である。

他に三大投入堂とされるものがあるなんて露知らず。が、この

不動院岩屋堂は三徳山三仏寺と同じく鳥取県にある。しかも

三徳山三仏寺の投入堂がたどり着くまでに大変な山道を登って

行かねばならないのに比べて道路から約30mほどで到着する

抜群の立地を誇っているとってもお手軽・お気楽な史跡である。

よく見ると確かに岩窟の中にすっぽりとお堂が収まっている他には

なかなかない見事な景観であるが、三徳山三仏寺の投入堂

同じくお堂に近付くことができないのが非常に残念な点である。

トップページへ戻る