棚 田 名  丸山千枚田  別館のブログへ
棚 田 の
写 真



 動  画
所 在 地  三重県熊野市紀和町丸山
規  模 7.2f・
1340枚
起 源 近世(戦国〜
江戸時代)
お薦め度 ☆☆☆☆☆ 平均勾配 1/4
全  景  全景が一望できる。

〜コ メ ン ト〜

丸山千枚田。日本の棚田百選の一つ。言わずと知れた日本を代表する棚田景観の一つで、

全国的にも有名な棚田である。この棚田の最大の魅力は何といっても全景を一望できる

見晴台から景観で、丸山千枚田を目指して車を走らせていると、突如として目の前に広がる

「その田んぼの枚数は1340枚を数える」という実に実にスケールの大きな棚田景観は

マニア以外でも、心の底から感動すること請け合いで、いついつまでも見ていたい

思わせるものがある。また、この千枚田のちょうど真ん中付近には見晴台から遠望して

いてもはっきりとその存在が認識できる大岩がある。近くに近寄ると何でこんなに

大きな岩が田んぼの真ん中にポツンとあるんだろう?と不思議な気持ちを抱かせる

ほどの大きさで、まるでこの千枚田の守り神、主(ぬし)であるかのごとき存在感が

あり、この棚田景観により一層の重厚感を醸し出している。尚、千枚田の中には車が

通ることができる道も整備されていて駐車スペースも数ヶ所あるので、実に色々な

角度からこの棚田景観を堪能することができるのもうれしい。さらに熊野古道の

通り峠を約25分ほど登って行くと千枚田展望所があり、千枚田をはるか上空から

見下ろすようなアングルで全景を俯瞰することができる。

トップページへ戻る

前のページへ戻る