前のページへ戻る
名 称  下栗の里 別館のブログへ
 
 (日本のチロル・天空の里)
写 真

 動 画
所在地  長野県飯田市上村下栗

〜コ メ ン ト〜

下栗の里は南信州遠山郷にある標高800m〜1100mの山間部に

作られている集落である。最大傾斜は実に38度であるといい、

その信じられないような急傾斜地にところ狭しとへばり付くように

点在する耕地や家屋の景観はまさに絶景で「日本のチロル、

天空の里」と呼ばれていて、平成21年には「にほんの里100選」にも

選ばれている。絶景ポイントは2箇所あり、おおぎびら展望台

(天空の里ビューポイント)からは、はるか上空から見下ろす

アングルで集落を見ることができる。また、「前が岩のビュー

ポイント」からは下から見上げるようなアングルで見ることができ、

谷間に流れる川と対比させて眺めてみると、なぜ川沿いでは

なく、わざわざあんな急傾斜地の高いところに集落を作ったの

だろうか?と不思議な気持ちになり、まさに天空の里といった

その絶景にはただただ感嘆の念を抱くより他にない。(しかし

ながら、こちらの展望スポット(前が岩のビューポイント)の

方はあまり知られてないのかネットなどでも写真が紹介

されていることはほとんどない。)

トップページへ戻る

日本の絶景・
聖地巡礼の
ページへ