前のページへ戻る
名 称  おしり岩 別館のブログへ
写 真
所在地  大分県国東市国東町小原黒津崎海岸

〜コ メ ン ト〜

おしり岩は大分県の東北部に丸く突き出た国東半島にある。その名の

通り、どこからどう見てもそれ(おしり)そのものにしか見えない。想像

以上にそれ(おしり)そのものだったで、あまりのスゴさに私は衝撃を

隠せず大自然が作り出した造形美にただただ魅入ってしまった

ほどである。しかしながら、奈良時代に宇佐の八幡信仰と仏教

(天台密教)とが融合(神仏習合)し、それに在来の修験道が加わり、

国東独特の「六郷満山」と呼ばれる仏教文化が開花し、現在でも

全国の七割を占めるといわれる石造美術(国東塔や磨崖仏等)が

点在している仏の里である国東半島のイメージとは大きくかけ

離れているからだろうか、道の駅くにさきのすぐ近くにあるにも

関わらず、このおしり岩はほとんど無名に近い状態である。しかし、

前述の通り、このおしり岩も国東半島の石造美術に勝るとも

劣らない大自然が作り出した芸術作品だと思うので、国東半島を

訪ねたのならば、ぜひこのおしり岩も訪ねてほしいところである。

トップページへ戻る

日本の絶景・
聖地巡礼の
ページへ