前のページへ戻る
名 称  神の子池 別館のブログへ
写 真

所在地  北海道清里町清泉

〜コ メ ン ト〜

神の子池は周囲220m、水深5mと小さい池ながら、摩周湖の伏流水

(地下水)によってできたと言われている息を飲むほど美しい池である。

名前の由来は「神様からの贈り物」と敬称され「神の子池」という名が

付いたとも、アイヌ語で「カムイトー=神の湖」と呼ばれる摩周湖の

伏流水を水源にしているという言い伝えから「神の子池」の名で

呼ばれるようになったとも言われている。また、神の子池は1日

12000tの伏流水が湧き出ていて水温が年間通して約8℃と低く

冬でも凍ることはない。このため常に新鮮な水をいっぱいに湛えた

池は、覗くと水底まではっきりと見通せるほどの透明度があり、

水の中に沈んだ倒木が腐らずに残っている姿は、何とも言えない

神秘的な姿で、まさに「神の子池」という名がぴったりといった

雰囲気を醸し出している。いずれにしても論より証拠、百耳は一見に

しかずである。その目で神の子池を見たならば日本にもこんなに

美しい景観があったのかと感動すること請け合いである。

トップページへ戻る

日本の絶景・
聖地巡礼の
ページへ