前のページへ戻る
名 称  摩 周 湖 別館のブログへ
写 真
所在地  北海道弟子屈町

〜コ メ ン ト〜

摩周湖は周囲約20km、面積19.2kuとカルデラ湖としては日本第6位の規模を

有している。湖の最大水深は211.4mで、田沢湖、支笏湖、十和田湖、池田湖に

ついで日本第5位の深さである。湖の周囲は300〜400mの絶壁に囲まれ、

その斜度は平均45度もあり、注ぎ込む川も流れ出る川もないのに水位がいつも

変わらない不思議な湖で、プランクトンなどの不純物が運び込まれないため、

世界一級の透明度を誇っている。この摩周湖独特の藍を流したような深い青色の

湖水は「摩周ブルー」といわれていて日本を代表する美しい湖であることに疑いの

余地がない。また「霧の摩周湖」と呼ばれているほど霧で有名な湖で、観光

シーズンの5月から10月の半年間で、摩周湖が一日中見える日は100日、

時々見える日は50日、全く見えない日は25日ほどであるという。尚、摩周湖には

3つの展望台があり、それぞれ違った景観を楽しむことができる。

トップページへ戻る

日本の絶景・
聖地巡礼の
ページへ