前のページへ戻る
名 称  浄土ヶ浜 別館のブログへ
写 真
所在地  岩手県宮古市日立浜町

〜コ メ ン ト〜

浄土ヶ浜は陸中海岸国立公園の中心をなす代表的な景勝地で、

入江を囲むように東方に突き出た細い半島に鋭くとがった白い

流紋岩が林立している。さらに、これに加えて白い砂浜、緑の松、

紺碧の海と青い空とのコントラストは見事としかいいようがない「まさに

絶景」である。浄土ヶ浜の名の由来は天和年間(1681〜1684年)に

宮古の常安寺七世の霊鏡禅師が「さながら極楽浄土のごとし」と

感嘆したことから名付けられたと伝えられている。その後、江戸

時代の紀行文などにおいて自然が造形した「浄土」の光景として

広く紹介されるようになり、現在に至っているとのことである。この

浄土ヶ浜は晴れていたら晴れていたで「海と空の青に白い岩肌が

どこまでも際立ち」、曇っていれば曇っていたで「どんよりと曇って

ぼんやりとした退廃的・荒廃的で幻想的な空間」はそれこそ浄土の

世界を彷彿とさせるものがあり、どちらも一見の価値がある大変

素晴らしい日本を代表する景勝地の一つということができるだろう。

トップページへ戻る

日本の絶景・
聖地巡礼の
ページへ