前のページへ戻る
名 称 天安河原(あまのやすかわら) 別館のブログ@へ ブログAへ
写 真
所在地  宮崎県高千穂町岩戸阿蘇原下

〜コ メ ン ト〜

天安河原(あまのやすかわら)は日本神話の舞台で、天照大神(アマ

テラスオオミカミ)が弟の素戔鳴尊(須佐之男命・スサノオノミコト)の

傍若無人の振る舞いに怒って天の岩戸にお隠れになって入り口を

大岩で閉ざしてしまい、太陽の神が隠れてしまったことで世界が

真っ暗闇となり、さまざまな禍いが出てきたことに困り果てた八百万

(やおよろず)の神々が集まって天照大神に岩戸から御出でになって

いただくにはどうしたらいいだろうかと相談したところと伝えられて

いる大洞窟(奥行き25m、間口30m)である。別名を「仰慕ヶ窟

(きょうぼがいわや)」とも呼ばれていて、天岩戸があるとされる

五ケ瀬川の支流・岩戸川沿いの断がいの上に建立されている

天岩戸神社西本宮から岩戸川に沿って徒歩で約10分のところ

にある。以前は社のみがあり信仰の対象となっていたというが、

いつの頃からか祈願を行う人たちの手によって石が積まれて

いくようになり、現在では無数に積み重ねられた石が天安河原の

神秘的かつ幻想的な雰囲気をより一層に引き立てている。

トップページへ戻る

日本の絶景・
聖地巡礼の
ページへ