トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵 (栗枝渡八幡神社) 別館のブログへ
お 墓 の
様 子

  
所 在 地 徳島県三好市東祖谷栗枝渡

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。ここ祖谷地方は日本

三大秘境の一つとされ、日本有数の圧倒的な質と量の平家

落人伝説が語り継がれていた地方で、現在でも、源氏の

追討軍が攻め寄せた場合に直ちに切り落として、その侵入を

防げるように野生のシラクチカズラという植物の蔓を編んで

架けたと伝えられている「かずら橋(日本三奇橋)」や日本

最古の軍旗といわれている「平家の赤旗」、源氏の追及を

避けるために墓碑が建てられていない「平家の墓」など平家

落人伝説にまつわる伝説・伝承や史跡が数多く残されて

いる。尚、この祖谷地方に伝わる伝承によると屋島合戦で

敗れた平国盛(平教経)と平氏一族が、幼い安徳天皇を

擁してこの地に逃れ(壇ノ浦で亡くなった安徳天皇は影武者

だという)、仮の御所を造営して平家再興の望みをつない

だが、文治2(1186)年に安徳天皇が崩御したため、天皇の

遺骸を火葬して埋葬したという。のちにその地に神社を建て

安徳天皇をお祀りしたものが八幡神社の始まりと言われて

いて、現在、八幡神社の拝殿の右手には安徳天皇の

「ご火葬場跡」があり、ここへは誰も足を踏み入れては

ならないと固く禁じられていて、この場所は未だにどんなに

雪が降っても雪が決して積もらないという。また、神社には

鳥居がなく、これは八幡神社の体裁を整えているものの

本当は安徳天皇の陵墓であるので、「鳥居は絶対に

建ててはならない」という先祖伝来の厳しい掟による

ものだという。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る