トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵(八坂神社)別館のブログへ
お 墓 の
様 子
所 在 地 愛媛県伊方町河内

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。ここ伊方町に伝わる

伝承によると、壇ノ浦の戦いの後、安徳天皇一行は瀬戸の

海を落ちのびて、伊予の国「伊方越」に上陸したという。

その場所を「退の浦」といい、海岸に横たわる大きな岩は

「天皇のお上がりの岩」と呼ばれ、安徳天皇主従が伊予

逃亡の第一歩を印した場所で「退の浦」はのちに「鯛の浦」

と呼ばれるようになり、休息の地には「鯛之浦神社」が

残されたという。しかし一説には、退の浦に上陸の安徳

天皇はすでに崩御しており、その玉体は伊方越えをして、

河内の山中に手篤く埋葬されたという。それがこの伊方町

河内にある「八坂神社」で、近辺には「源氏ヶ崖」「平家崖」

川永田の「ハラ木谷(腹切谷)」などの他、平家様・荒神様・

妙見様と呼ばれる平家ゆかりの地名や小祠が残っている。

尚、江戸時代までこの神社は「天皇様」「天皇山」、森は

「皇子ヶ森」と呼ばれて親しまれてきたといい、一説に安徳

天皇は家臣とともに21歳まで生きたとも伝えられているという。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る