トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵
お墓の様子
所 在 地 鹿児島県三島村硫黄島

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。ここ硫黄島に伝わる

話によると、壇之浦の決戦を前に平資盛が安徳天皇を奉じて

日向灘を南下、硫黄島にたどり着いたとされる。その後、

黒木の御所をもうけた安徳天皇は資盛の娘を后とし、隆盛

親王等を儲け、寛元元(1243)年5月5日に亡くなったという。

尚、安徳天皇の子孫は長濱姓を称し、硫黄島大夫家として

代々熊野神社(硫黄大権現宮)に三種の神器を祭り続け

現代に至ったという。(現在、三種の神器とされているものは

偽物であり、本当の神器は硫黄島にあるものだという。)

しかしながら、三種の神器のうち、玉と剣は天正2(1574)年

8月4日の権現宮失火のおりに焼失、唯一残っていた鏡も

島津斉興に召し上げられ、すり替えられたものが、返却され、

後日、その事実が判明し、戦後この鏡を返してもらうべく、

長濱家が島津家に交渉したものの、島津家では知らぬと

いって今日ではその所在はわからなくなってしまったという。

いずれにしても安徳天皇がどこぞに落ちのびたのだと

すると、その子孫はどうなったのかという疑問が残るが、

全国の数ある平家落人伝説の中でも安徳天皇の子孫が

伝えられているのはここだけであり、そういった意味でも

大変興味深いものがある。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る