トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵
(上岡田五輪塔群)別館のブログへ
お墓の様子
所 在 地 鳥取県八頭町姫路

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。この姫路に伝わる

伝承によると、壇ノ浦の戦いに敗れた平家方は安徳天皇、

二位の尼、平知盛らが密かに海上に逃れ、鳥取市賀露の

港に辿りつき、岡益の光良院に隠れ住んだが、源氏の

追っ手を恐れて、さらに奥地の八頭町姫路に仮御殿を

造営して過ごしたとされる。しかしながら、安徳天皇は

文治2(1186)年8月13日に村の西方の下山で山遊び中に

俄かに発病し、侍臣たちの必死の看護も空しく崩御が平で

崩御したという。嘆き悲しんだ二位の尼以下侍臣は遺骸を

村に移し、この「平地」の地に葬り、天皇の墓としたという。

現在この上岡田五輪塔群(天皇墓、西蓮墓、四十八塚

とも)には鎌倉末期〜室町時代〜江戸時代と各時代の

宝篋印塔・五輪塔が集葬されていて安徳天皇、

二位の尼、官女たちの墓と伝えられている。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る