トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵(平家谷)
お墓の様子

安徳天皇の亡骸が
納められた岩穴
所 在 地 愛媛県八幡浜市保内町宮内

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。この平家谷に伝わる

伝承によると、壇ノ浦からかろうじて戦場を脱し、瀬戸内海を

逃れてきた安徳天皇一行は、佐田岬の鯛ノ浦に上陸した。

さらに安住の地を求めた安徳天皇は教盛・経盛・維盛・

資盛・有盛・行盛ら公達に奉じられ、二位の局ともども

平家谷に隠れ住み警戒を怠らず、見張所を設けて農耕

生活をしていた。ところがある日、源氏の白旗が数十旗

押し寄せてくるとの報があり、もはや逃れる術もなく、生きて

恥辱を受けるよりはと、天皇をはじめ一同は狭間谷の

田の中で、互いに刺し違えて自害して果てた。しかし、

物見が源氏の白旗と思ったものは、実は白鷺の群れ飛ぶ

姿を見誤ったものであった。この時、一同と居合わせ

なかった有盛・行盛は悲惨な死を遂げた一門の冥福を

祈り、平家谷の入らずの森の岩穴に亡骸を納めたという。

この二人は従兄弟同士で、部落名「両家」の開祖として

住み着き、現在に至っている。平家の末裔の証に赤旗、

短刀、鏃、神鈴、金の茶釜などがあり、往時を偲ぶ

地名や禁忌、催事があるという。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る