トップページへ戻る
墓 所 名 島津忠宗の墓
お墓の様子
所 在 地 鹿児島県出水市野田町下名
5735(感応寺五廟社)

〜コ メ ン ト〜

島津家第四代当主・忠宗の墓。忠宗は島津久経

長男で父とともに弘安の役で元軍と戦い、大いに

活躍して武功を挙げ、鎮西引付衆となった。弘安7

(1284)年、父・久経の死により島津宗家の家督を

継ぎ、鎌倉幕府より文保元(1317)年、日向国

高知尾庄、肥前国松浦庄、豊前国副田などの

地頭職に任じられた。翌年、嫡子貞久をはじめ、

忠氏・忠光・時久・資久・資忠らの諸子に所領を

分譲。それぞれ和泉・佐多・新納・樺山・北郷氏らの

祖となった。和歌にすぐれ「新後撰和歌集」「続千載

和歌集」などにその歌がみえる。正中2(1325)年

11月12日死去。尚、忠宗の墓とされるものは

鹿児島市の本立寺跡にもある。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る

蒙古軍撃退の
立役者たちの
墓を訪ねるの
ページへ