トップページへ戻る

前のページへ戻る
棚 田 名  両合棚田 別館のブログ@へ Aへ Bへ
棚田の写真
所 在 地  大分県宇佐市院内町(滝貞・小平)
規  模 7.0f・
147枚
起 源 近世(戦国
〜江戸時代)
お薦め度 ☆☆☆☆☆ 平均勾配 1/5
全  景  全景が一望できる。

〜コ メ ン ト〜

両合棚田。日本の棚田百選の一つ。えっ、これも棚田じゃん。

それも棚田じゃん(それもかなり見応えあり。)という道を進むと

到着する。が、下から一目見てあまりにも耕作放棄地が多く、

百選に選ばれた時の景観は留めていないことを直感した。

このまま役目を終えた棚田は元の自然の姿に返るのだろうと

感慨にふけった。規模も小さいようだし、すぐに帰ろうかと

思ったが、車が通れる道があったので、一応全景を観てから

帰ろうと思い立った。そうしたところ、先ほど観ていたのは

全体のホンの一部であり、実はこの棚田は両合川の両岸の

斜面を埋め尽くすように棚田が作られていることが分かった。

間近で観ると草ぼうぼうで荒れ果てたように見える棚田も

川を挟んで対岸を遠望する分にはさほど気にならない。

その景観はとんでもなく雄大で圧巻だった。が、ほとんどの

田んぼが耕作放棄地となっている事実に変わりはない。

5年後、10年後は一体どうなっているのだろうか…。