トップページへ戻る
墓 所 名 宗助国(資国)の胴塚
お 墓 の
様 子

所 在 地 長崎県対馬市厳原町
樫根(法清寺)

〜コ メ ン ト〜

宗助国(資国)は宗家初代・重尚の末弟で重尚から襲封

云々とあるが確証はない。一方、他の確実な史料における

宗氏の初見で、対馬守護・地頭である少弐氏の守護代、

地頭代を勤めていたことが知られる最初の人物でもある。

文永の役(蒙古襲来・元寇)で、文永11(1274)年10月

5日申刻(午後4時頃)に3万人の元・高麗の連合軍が

450艘で対馬西岸の佐須浦沖に姿を現したとの島民の

注進があると、助国はすぐさまに一族郎党80余騎を

率いて、その夜のうちに佐須浦へ向かった。翌6日

丑刻(午前2時頃)に佐須浦に到着した助国は、夜明けの

卯刻(午前6時頃)を待って通辞(朝鮮語を話せる通訳)の

真継男を使者として蒙古軍にことの子細を尋ねさせようと

したが、いきなり船上より散々に矢を射かけられ、さらに

約1000人の軍勢が上陸、合戦となった。宗氏家譜によると

「助国矢を発し、賊を射て数十人を倒す。是において賊兵

競い進み、陸に下る。助国先駆けて衆を励まし、蒙漢の

兵を撃つ。州兵力尽きるまで奮戦し、斬獲甚だ衆しと

いえども、辰の刻に至り、終に大きく破られ、助国また命を

堕す」とある。勝ちに乗じた元軍により佐須浦の人家に

火がかけられ焼き払われると助国は郎党の小太郎

兵衛次郎を呼び寄せ「戦場から脱出して事の次第を

大宰府へ告げよ」と命じた。こうして助国以下、一族郎党

全員が衆寡敵せず討ち死にをしたが、この死は決して

無駄ではなかった。助国の壮烈な死と引き換えに対馬に

おける宗氏支配が確立し、のちの対馬藩十万石の礎を

築いたといえよう。尚、下原の観音堂には首塚が、同じく

下原の若獅子神社には手足塚が、樫根の銀山神社には

太刀塚がある。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る

蒙古軍撃退の
立役者たちの
墓を訪ねるの
ページへ