トップページへ戻る
墓 所 名 安徳天皇陵(みささぎ)
お墓の様子
所 在 地 鹿児島県垂水市牛根麓

〜コ メ ン ト〜

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の

娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、

生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で

父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年

清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年

7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては

三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河

上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常

事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々

としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった

壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して

亡くなったとされている。しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝

行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされて

いることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して

生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説と

ともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされる

ものが十数ヶ所あると言われている。この垂水に伝わる伝承

によると、壇之浦の戦いに敗れた平家は安徳天皇を奉じて

西海に走り硫黄島に着いたが、のちに島を脱しこの地に

漂着、天皇は13歳で亡くなり、ここに葬られたという。尚、

この地は古くから「みささぎ」と呼ばれ土地の人々から厚く

信仰されていたところで、文化年間には薩摩藩主・島津

重豪が参拝、自ら献燈・玉垣を奉献したといい、現在でも

それらが残されている。


※安徳天皇陵の考察についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る